【危険】生け贄を使ってよりを戻すおまじない

【元彼とよりを戻すたった3つの方法】私の復縁成功談を大公開! > 【危険】生け贄を使ってよりを戻すおまじない

【危険】生け贄を使ってよりを戻すおまじない

よりを戻すおまじないというのが世の中にはたくさんありますね。

その中でも、生け贄を使ってよりを戻すという、魔術のようなちょっと怖いおまじないを見つけました。

そのおまじないのやり方をご紹介したいと思います。

~はじめに~

おまじない前の準備を整える

よりを戻すおまじないをする前に、必ずやるべきことがあります。

それは、

*自分をキレイにする
*自分の身の回りをキレイにする
*おまじないは絶対に効くと強く思う

この3つです。

自分をキレイにするというのは、身を清めるということです。

ですが特別なことは必要ありません。

お風呂に入って全身を洗ったあと、耳掃除やハミガキをすればOK。

もちろん服も、洗いたてのキレイなものを着て下さいね。

そして自分の家や部屋を掃除していきましょう。

ホコリを取ることもそうですが、物が散らかっていれば整理整頓もして下さい。

自分とその周りを清めることで、おまじないの効果を十分に発揮することができます。

以上が終わったら、これから行うよりを戻すおまじないが絶対に効くと自分に言い聞かせましょう。

元彼が自分のもとに戻ってくる姿を具体的に思い描きましょう。

付き合っていた頃の関係がまた始まる様子をリアルにイメージするとなお良いですね。

さて、いよいよよりを戻すおまじないの方法のご紹介です。

用意するもの

*赤い紙
*赤いボールペン
*文庫本(智慧に関わる内容のもの)

①赤い紙に赤いボールペンで、下記の文章を縦書きで記入する。

【我が恋を過去に戻せし願い叶えたら (スペース1)を奉り奉らん (スペース2)】

②書いた文章のスペース1の部分に、よりを戻すためにささげる生け贄を書く。

寿命をささげる方法が一番効果があるとされています。

他には、周りの人の名前を書いてささげても良いそうです。

③スペース2の部分に、自分の名前と誕生日を記入する。

④赤い紙を文庫本の真ん中のページにはさみ、そのページの四方を米粒をつぶしてくっつけて、袋のような状態にする。

そして文庫本を、動かない家具などに収納しておく。

これでよりを戻すおまじないは完了です。

復縁が叶ったら、文庫本は捨てて下さい。

ささげる寿命の年数は、復縁の本気度によって何年でも良いそうです。

寿命ではなくて人の名前を書くと、復縁後にその人との間でトラブルが起きたり、関係が悪くなるそうです。

本格的なだけにかなり効果はあるそうですが、寿命や人間関係を犠牲にしてしまうのも心苦しいですよね。

それであれば、やっぱり一人で悩まずよりを戻すプロに無料相談をしてみるのが一番だと思います。

▼私も復縁できたサイトです▼
よりを戻すプロに無料相談するなら
↓ココをタップ↓

90%よりを戻せるキセキの泉はコチラから>>